水道工事事業

増圧直結給水工事

受水槽不要だから、安全でおいしいお水が使えます!


「貯水槽方式」から「増圧直結給水方式」へ切り替えませんか?

 

マンションオーナー様、管理組合様、必読です! 
「増圧直結給水方式」には、こんなに大きなメリットが!

  • 今ある受水槽・貯水槽・高架水槽はもう不要です。受水槽管理の手間がなくなります!
  • 受水槽に貯めた水ではなく、配水管から直接のフレッシュなお水が使えます!
  • 受水槽や貯水タンクがあったスペースは、駐車場や駐輪場に有効活用できます!

 

 

給水方法には「貯水槽(受水槽)方式」と「増圧直結給水方式」の2通りがあります

貯水槽(受水槽)方式とは・・・

水をいったん受水槽に貯めて、そのあとポンプを使い屋上の高架水槽へくみ上げて、自然流下により給水する方式です。受水槽もしくは高架水槽の片方だけを設置する場合もあります。

メリット
・事故や災害時に、受水槽内に残っている水を利用できます。
留意点

・受水槽の定期的な点検
・清掃などの維持管理が適切に行われていることが必要です。
・受水槽でいったん水を受けるため、水道管の圧力が開放されてしまい、水圧のエネルギーを有効活用できません。


増圧直結給水方式とは・・・

給水管に増圧ポンプを設置し、水圧の不足分を増圧して、中高層階まで直接給水する方式です。

メリット
・浄水場からのフレッシュな水道水を、直接蛇口までお届けできます。
・受水槽・貯水槽等タンクの点検・清掃・メンテナンスが不要です。
・受水槽のスペースが不要なため、空いたスペースを有効活用できます。
・配水管の圧力を利用できるため、水圧のエネルギーを有効活用できます。
留意点

・事故や災害時に、貯水機能がないため、断水することがあります。

  • 東京都では、安全でおいしいお水を供給するために、増圧直結給水方式を推進しています。
  • 川口市では、平成21年に増圧直結給水方式が許可されました(一部対象外の地域あり)。
  • 当社は、川口市では第1号の増圧直結給水方式工事を施工しました。


 

増圧直結給水方式への切り替えに要する概算額 (参考)

メーター

口 径

設計及び

事務費

工事費

増圧ポンプ

設備費

廃材処理費

合  計

20~25㎜

10~20

40~70

(20~50)

150~250

10~20

210~360

30㎜

10~20

50~80

250~350

10~20

320~470

40㎜

10~20

70~100

300~400

10~20

390~540

50㎜

10~20

90~120

400~500

10~20

510~660

75㎜

10~20

110~140

500~600

10~20

630~780

適  要

現場調査

設計

申請費等

( )内はメーター

バイパスユニット※を

設置しない場合

設置費用

含む

貯水槽及び

配管材料の

廃棄処分

(単位:万円)

  • 概算額には、給水管取り出し口径の増設工事(道路堀削を伴う工事等)の費用は含まれていません。
  • メータバイパスユニットを設置することで、計量法により定められている8年ごとのメーター引き換え  の際、断水を回避できます。断水の影響が少ない建物(メーター口径25㎜まで)については、メー  ターバイパスユニットの設置が任意になります。

    詳しくは、お気軽に当社へお問い合わせください。