水道工事事業

サヤ管ヘッダー工法

「サヤ管ヘッダー工法」とは

従来の先分岐配管方式の工法とは異なり、ヘッダーを給湯器やパイプシャフト周辺に設け、
あらかじめヘッダーから各給湯器までタコ足状に敷設したサヤ管に、後から樹脂管を通管する工です。

 

 

次のような優れた特徴があります。

 

 

当社では、上記の優れた特徴を持った、サヤ管ヘッダー工法を(給水・給湯配管など)採用しています。
最新技術の「サヤ管ヘッダー工法」をさらに詳しくご説明いたします。

床下やユニットバス上部に設置したヘッダーから、柔軟性のあるフレキ樹脂管を用いて、各水栓まで途中で配管を分岐せず施工する工法で、継手の接合が無いため、施工不良による漏水を防止できます。

また、キッチンやシャワー水栓の同時使用による流量変化が少なく安定した給水・給湯が得られます。配管は、耐久性および耐腐食性に優れており、鋼管のようなサビや腐食が発生せず、安全で衛生的です。なお、耐寒性・耐熱性に優れているため、給水・給湯配管のどちらにも使用できます。


 

「サヤ管ヘッダー工法」の特徴

 サヤ管ヘッダー工法  従来分岐方法
   


 床ころがし配管  天井配管
   
二重床の配管によく用いる工法です。床スラブにサヤ管を固定・設置する配管工法です。 水抜きが必要な配管によく用いる工法です。天井スラブにサヤ管を固定・設置する配管工法です。


埋設配管 床下ヘッダー配管
   
直貼り床の配管によく用いる工法です。コンクリート打設前に鉄筋にサヤ管を結束・設置する配管工法です。 床下にヘッダー・サヤ管を固定・設置し床下より立ち上げる配管工法です。


屋外ヘッダー配管 室内ヘッダー配管
   
屋外にヘッダーを設置し、サヤ管を埋設、床下より立ち上げる配管工法です。 室内にヘッダー・サヤ管を固定・設置する配管工法です。主にRC構造に用いられています。