水道工事事業

サヤ管ヘッダー工法

「サヤ管ヘッダー工法」とは

従来の先分岐配管方式の工法とは異なり、ヘッダーを給湯器やパイプシャフト周辺に設け、
あらかじめヘッダーから各給湯器までタコ足状に敷設したサヤ管に、後から樹脂管を通管する工です。

 

 

次のような優れた特徴があります。
  • 配管作業が簡単にできます
    配管部材は、軽く運搬も容易で、ネジ切り・溶接等の熟練を要する作業はありません。
  • 施工中の釘打ちによる漏水・流体管の流れを低減します
    内装工事後に樹脂管を通観するため、釘打ちによる漏水がほとんど無く、サヤ管が樹脂管の保護管の役目をするために、直接樹脂管を痛めるトラブルを大幅に低減させます。
  • 配管の接続数の減少による漏水等のトラブルを低減します
    先分岐配管方式の工法とは異なり、ヘッダー部と給水栓以外に接続箇所が無く、漏水・ネジ切り部の腐食赤水の発生が大幅に低減します。
  • 複数同時使用による流量変化が少ない
    適切な配管口径を設定しておけば、従来の先分岐方式の配管と比較して、複数同時使用時の流量変化・音素変化が少なく、快適にご使用できます。
  • 結露の発生を抑えます
    配管部材は、熱伝導率の低い樹脂製です。しかも、サヤ管内の空気層が断熱効果を高め、従来の金属配管と比較して給水配管では結露が発生しにくく、給湯配管では保温効果があります。

 

 

当社では、上記の優れた特徴を持った、サヤ管ヘッダー工法を(給水・給湯配管など)採用しています。
最新技術の「サヤ管ヘッダー工法」をさらに詳しくご説明いたします。

床下やユニットバス上部に設置したヘッダーから、柔軟性のあるフレキ樹脂管を用いて、各水栓まで途中で配管を分岐せず施工する工法で、継手の接合が無いため、施工不良による漏水を防止できます。

また、キッチンやシャワー水栓の同時使用による流量変化が少なく安定した給水・給湯が得られます。配管は、耐久性および耐腐食性に優れており、鋼管のようなサビや腐食が発生せず、安全で衛生的です。なお、耐寒性・耐熱性に優れているため、給水・給湯配管のどちらにも使用できます。


 

「サヤ管ヘッダー工法」の特徴

  • 従来の工法に比べ継手の個所数が少ない。
  • 従来の工法に比べ複数使用時の流量変化が小さいため、一定の流量・湯温が得られます。
  • ヘッダーと器具側に点検口又は更新継手を使用することで配管の更新が容易にできます。

 サヤ管ヘッダー工法  従来分岐方法
   


 床ころがし配管  天井配管
   
二重床の配管によく用いる工法です。床スラブにサヤ管を固定・設置する配管工法です。 水抜きが必要な配管によく用いる工法です。天井スラブにサヤ管を固定・設置する配管工法です。


埋設配管 床下ヘッダー配管
   
直貼り床の配管によく用いる工法です。コンクリート打設前に鉄筋にサヤ管を結束・設置する配管工法です。 床下にヘッダー・サヤ管を固定・設置し床下より立ち上げる配管工法です。


屋外ヘッダー配管 室内ヘッダー配管
   
屋外にヘッダーを設置し、サヤ管を埋設、床下より立ち上げる配管工法です。 室内にヘッダー・サヤ管を固定・設置する配管工法です。主にRC構造に用いられています。

  • 透明継手とカラー接着剤を採用 (排水配管)
    配水管の継手を透明化し、カラー接着剤を使うことで、配管接続部の接着状況が目視確認でき、接着剤の塗り忘れを防止できます。
  • 対象外工事
    ※改正水道法の対象範囲が量水器以降の配管であるため、システム配管(給水・給湯配管)の対象範囲は、量水器(第一水栓)の二次側配管とします。 ※配水管の対象範囲は屋内から敷地内最終会所桝までとし、最終会所から排水本管までは対象外とします。 ※給水加圧装置を必要とする建物の場合、給水加圧装置以降を対象とします。
  • 対象地域
    準寒冷地・寒冷地を除く地域。 (次世代省エネ基準地区分1・2地区を除く地域)